白髪が気になり始めたときの対策|白髪になる仕組みや原因

年齢を重ねるにつれて白髪に悩む方が増えてきます。特に、身だしなみが重要なビジネスシーンでは、清潔感のあるヘアスタイルにするために、白髪をどのようにケアすれば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。そんなときは、こちらの記事でご紹介する対策を参考にしてみてください。

ここからは、白髪になる仕組みや原因をご紹介した上で、メンズの白髪対策を基本から解説します。白髪染め用品を使って清潔感のあるヘアスタイルを目指しましょう。

白髪になる仕組みやメカニズム

初めに、白髪になる仕組みやメカニズムをご紹介します。白髪の基礎知識として、どのようなことが起こっているのか確認してみましょう。

そもそも白髪とは、黒髪の元になる「メラニン色素」が何らかの要因で作られなくなったり、毛母細胞に受け渡しができなくなったりしたときに生じるものです。たとえば、メラニン色素を作っている「色素細胞」の機能が低下・停止したときは、白髪になります。このほかに、色素細胞を作る「色素幹細胞」が枯渇したときも、色素細胞が作られずメラニン色素が不足してしまうため、白髪につながります。

白髪が生える原因

続いて、白髪が生える原因をご紹介します。白髪が気になり始めたら、思い当たる要因について振り返ってみましょう。

加齢

白髪の主な要因の一つとして加齢が挙げられます。年齢を重ねると体の機能が低下し、色素細胞や色素幹細胞の働きが衰えていきます。こうして髪を黒くするメラニン色素が作られなくなると、色がつかない状態で髪が作られて、白髪が生えるようになるのです。白髪が生え始めるタイミングには個人差がありますが、男女ともに35歳を過ぎると多くの人に白髪が生えるといわれています。

偏った食生活

多忙な現代人は食生活に偏りが生じがちです。毎日の食事の栄養バランスが悪くなると、健康的な黒髪を作るために必要な栄養素を摂取できず、白髪や薄毛につながると考えられています。特に注意したいのは、暴飲暴食や過度のダイエットなどです。食生活が悪化すると、栄養素が不足したり効果的に吸収できなかったりして、白髪に影響するおそれがあります。

ストレス

白髪や抜け毛にはストレスが関係しているともいわれます。強いストレスを受けて交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、色素幹細胞が減少するとされています。仕事などの重要な場面でどうしてもストレスを避けられないときは、自分なりのストレス解消法を探すと良いでしょう。ストレスを溜め込まないように、日常生活の中で気持ちを落ち着ける工夫ができると理想的です。

白髪が気になり始めたときの対策

白髪が気になり始めたら、髪の毛を健やかに保つ生活習慣を心掛けつつ、身だしなみを整えるために白髪染め用品を活用するのがおすすめです。ここでは、白髪が気になり始めたときの対策方法をお伝えします。

食生活を改善する

健やかな髪を保つためには、栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。髪に良いとされる栄養素は、さまざまな食材に含まれています。日頃から多くの食べ物をバランス良く、偏りがないように摂ることが大切です。髪に良い栄養素として、髪を作るのに必要な「タンパク質」や「亜鉛」のほか、黒髪に欠かせない「カルシウム」や「銅」などが挙げられます。一方で、栄養不足や油分の摂り過ぎには注意が必要です。

白髪を染める

市販の白髪染め用品を使って、気になる白髪を染めて身だしなみを整える方法です。白髪染め(白髪用ヘアカラー)は1回でしっかりと白髪を染められて、約2~3カ月間にわたり色が持続します。染毛と脱色を同時に行うことで髪の内部を染める仕組みのため、きれいな髪色が長持ちするのが特徴となっています。仕事などで日々忙しく、色味を長くキープさせたい方におすすめのアイテムです。

また、白髪用ヘアカラーによる白髪染めに抵抗がある場合は、白髪用カラートリートメント(カラーリンス)を使う方法もあります。カラートリートメント(カラーリンス)は、髪の表面とやや内側を染める仕組みになっています。いつも使用しているヘアケア用品を白髪用カラートリートメント(カラーリンス)に変えることで、シャンプーのついでに白髪をケアできます。ぜひ白髪染め(白髪用ヘアカラー)と併せてチェックしてみてください。

6

簡単ワンプッシュで清潔感のある髪色へ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

※ライトブラウンは放置時間15分

メンズビゲン ワンプッシュ

医薬部外品

白髪用

白髪を活かしたヘアスタイルにする

白髪が気になり始めたら、一般的には黒髪に染める方が多いものの、最近では白髪を活かしたヘアスタイル(=グレーへア)も人気があります。好印象な見た目に仕上げるには、グレーに染めて白髪を黒髪になじませるのがポイントです。その際は、グレーヘア向けの白髪染め用品を使って、ビジネスシーンにふさわしい清潔感のあるヘアスタイルを目指しましょう。

2

清潔感ある自然な髪色へ

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

メンズビゲン グレーヘア

医薬部外品

白髪用

白髪対策に関するよくある質問

最後に、白髪対策に関するよくある質問と、その回答をご紹介します。「生えてきた白髪を抜いてはいけないのか?」「白髪が黒髪に戻ることはあるのか?」など、気になるお悩みにお答えします。

白髪は抜かない方が良いですか?

白髪が数本生えてくると、つい気になって抜きたくなってしまう方もいるかもしれません。しかし、白髪を抜くのは避けておきましょう。毛髪を抜くと、毛根部にある毛球がダメージを受けてしまいます。次に髪が生えてくるときにくせ毛になったり、炎症によってかゆみや抜け毛が生じたりするおそれがあるためご注意ください。

なお、「白髪を抜くと白髪が増える」という俗説がありますが、白髪を抜いても白髪が増えることはありません。ただし、次に生えた白髪がくせ毛になって目立ちやすくなったり、毛球へのダメージが重なって抜け毛につながったりする可能性があるため、白髪は抜かないようにしましょう。どうしても気になる場合は、白髪を抜かずに根元から切るのも一つの方法です。

白髪は元に戻りますか?

白髪の中には、黒髪に戻れるタイプの白髪と、黒髪に戻れないタイプの白髪があります。黒髪に戻れるのは、色素細胞の機能の低下や停止によって白髪が生じているケースです。色素細胞の機能が再び戻ると、メラニン色素が作られて黒髪を作れるようになる可能性があります。その一方で、色素細胞や色素幹細胞の消失によって白髪が生じているケースでは、メラニン色素を産生できないため、白髪が黒髪に戻れません。

ただし、黒髪に戻れるタイプ・戻れないタイプの白髪を見分ける方法はなく、生えている白髪の状態は1本1本異なります。日常生活で白髪対策に取り組みつつ、白髪染め用品を使って身だしなみを整えましょう。

白髪対策で清潔感のあるヘアスタイルを目指しましょう!

ここまで、メンズの白髪対策について解説しました。一般的に、白髪は年齢とともに増えていきます。ビジネスシーンで印象の良い清潔感のあるヘアスタイルに仕上げるなら、市販の白髪染め用品を活用するのも おすすめです。白髪染め(白髪用ヘアカラー)のほかに、グレーヘア向けの白髪染め用品や、カラーリンスやカラートリートメントなどの選択肢があります。理想のヘアスタイルに近づける商品を活用して、自分らしいヘアスタイルを目指しましょう。

メンズビゲン

メンズビゲン 編集部

この監修者のHPはこちら

この記事を読んだ人におすすめの商品

6

メンズビゲン ワンプッシュ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

医薬部外品

白髪用

2

メンズビゲン カラーリンス+++

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

化粧品

白髪用

2

メンズビゲン グレーヘア

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

医薬部外品

白髪用

OFFICIAL SNS

メンズ ビゲンの商品は、
こちらのECサイトでご購入いただけます。