メンズビゲン

メンズビゲンで、
あなたらしい白髪ケアを

メンズ ビゲンの商品は、
こちらのECサイトでご購入いただけます。

白髪はいつから染めるのが良い?目立ち始める年齢やタイミング

少しずつ白髪が目立ち始めてきて、一体いつから染めるべきなのかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。初めての白髪染めでは、白髪染め用品の選び方や使い方などの心配事がつきものです。この記事では、男性は白髪をいつから染めるのか、年齢や適切なタイミングについて解説します。また、初めて白髪染めをする方へ向けてさまざまな白髪染め用品の特徴をお伝えするため、ぜひ参考にしてみてください。

白髪はいつから染める?年齢や適切なタイミング

多くの男性は、白髪をいつから染めるのでしょうか。最初は、一般的に白髪染めを始める年齢の目安や、白髪を染める適切なタイミングについてお伝えします。

白髪染めを始める年齢の目安

男女ともに、白髪が増え始める年齢は35歳頃からです。男性でも多くの人が30代になると徐々に白髪が生えてきて、白髪染めを意識し始めます。また、男性は髪の毛が短いヘアスタイルの方が多いことから、白髪が目立ちやすい場合もあります。 こうした背景から、身だしなみを気にしてやや早いタイミングで白髪染めを始める方も少なくありません。

【参考】「白髪は何歳から生える?平均年齢は?男女差はある?

白髪染めの適切なタイミング

先ほど35歳頃から白髪が増え始めるとお伝えしましたが、白髪染めは本人にとって白髪が気になりだしたタイミングで始めるようおすすめします。白髪が生え始める時期には個人差があります。髪の毛の生え際や分け目など、目立つ場所に白髪が生えてきたときは、一般的な目安にかかわらず白髪染めを始めると良いでしょう。特に身だしなみが重視されるビジネスシーンでは、白髪による印象を気にして白髪ケアをする人が多くいます。市販の白髪染め(白髪用ヘアカラー)で黒髪に染めたり、お風呂でカラーリンス(カラートリートメント)を使ったりして、白髪のお悩みを解消しましょう。

白髪が生える原因

そもそも白髪は、「メラノサイト(色素細胞)」の機能が低下したり、メラノサイトを生み出す「色素幹細胞」が枯渇したりすると発生します。メラノサイトは髪の黒色の元になる「メラニン色素」を作るため、メラノサイトの機能停止や消失によってメラニン色素が不足すると、髪に色がつかず白髪が生えてしまうのです。

ここでは、メラノサイトの機能低下や消失と関係があるとされている、さまざまな原因について解説します。白髪が気になり始めたら、できるだけ白髪を増やさないライフスタイルを意識するために、遺伝・加齢・生活習慣・ストレスなどの要因をチェックしてみましょう。

遺伝

まれに遺伝的な要因によって先天的にメラニン色素を生成できず白髪になるケースも存在します。ただし、白髪になる遺伝子はなく、遺伝と白髪の関係は医学的に完全に証明されていません。両親に白髪が多いからといって、必ずしも白髪になりやすいわけではないことを押さえておきましょう。

加齢

年齢を重ねるにつれて、メラノサイトや色素幹細胞の働きが徐々に衰えていきます。そのため、多くの人は加齢にともない白髪が増えていくのです。白髪が生え始める年齢には個人差があるものの、白髪は年齢を重ねれば誰にでも起こり得る現象だといえるでしょう。

生活習慣

日頃の生活習慣は、白髪や抜け毛に影響を与える可能性があります。たとえば、食生活の偏りによって健康的な髪の毛を作るために必要な栄養素が不足したり、油分の摂りすぎで血流が悪化したりする状態は好ましくありません。このほかにも、紫外線による髪や頭皮へのダメージにも注意が必要です。バランスの良い食事や、頭皮マッサージによる血行促進などの工夫を続けることで、白髪をできるだけ増やさないよう意識しましょう。

ストレス

白髪はストレスと関係があると考えられています。ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、色素幹細胞が減少し、メラニン色素の不足につながるとされているのです。詳しいメカニズムはまだ解明されていないものの、健康のためにもストレスと上手に付き合えると理想的です。趣味やリラクゼーションなど自分なりのストレス解消方法を持ち、ストレスを溜め込まないように心掛けましょう。

初めて白髪染めを行うときに知っておきたい基礎知識

最後に、これから初めて白髪染めをする方へ向けて、白髪染め用品の基礎知識をお伝えします。白髪用ヘアカラー剤をはじめとした市販の商品を使ったセルフカラーで、きれいな髪色をキープしましょう。

白髪染めの種類

ヘアカラー

白髪用ヘアカラー剤は、染毛と脱色を同時に行うことで、髪の内部までしっかり染まるタイプの白髪染め(白髪用ヘアカラー)です。1回でしっかりと白髪が染まり、約2~3カ月にわたり色持ちします。また、男性向けの白髪用ヘアカラー剤は、ブラシやコームなどが付属して短髪に薬剤を塗りやすい設計になっています。ビジネスシーンをはじめとした場面にふさわしい髪色のバリエーションが豊富です。放置時間が短くすぐに染まるタイプのアイテムは、白髪染めで美容院に通う時間が取れない多忙な方にもおすすめできます。

6

簡単ワンプッシュで清潔感のある髪色へ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

※ライトブラウンは放置時間15分

メンズビゲン ワンプッシュ

医薬部外品

白髪用

ヘアマニキュア

白髪用ヘアマニキュアは、髪の表面とやや内側に染まるタイプの白髪染め用品です。髪へのダメージを抑えながら色合いとツヤを与えるのが特徴となっています。色持ちは約3週間~1カ月が目安です。次回のヘアカラーまでの間に色あせてしまった髪色を整えたいときなどにおすすめできます。ただし、地肌にヘアマニキュアが付着すると色が落ちにくいため、ご自宅で使用する際はご注意ください。

カラートリートメント・カラーリンス

ヘアカラートリートメントやカラーリンスは、毎日のシャンプー後に使うことで髪の表面とやや内側に染まるタイプの白髪染め用品です。髪への負担が少なく、自然と白髪を目立たせなくできるのが魅力となっています。色持ちは使用する回数や商品によって異なりますが、約1~2週間が目安です。お風呂場で手軽に使えるので、ヘアカラーのダメージを気にするときや色あせをカバーしたいときに便利です。

3

仕事前にさくっと白髪染め

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

メンズビゲン カラーリンス

化粧品

白髪用

白髪染めの頻度

一度白髪染めをしたら、髪が伸びて再び白髪が気になり始める1カ月程度を目安に根元部分の染め直し(リタッチ)をすると良いでしょう。髪は1カ月で約1~1.5cmほど伸びるため、1カ月が経過する頃には白髪が目立ちやすくなります。特に男性は髪の毛が短いヘアスタイルの方が多いことから、白髪部分が目立ちやすいといえるでしょう。そんなとき美容院でこまめに白髪染めをするのが難しいなら、市販の白髪染め用品を活用すれば、ご自宅でいつでも白髪染めができるようになります。なかにはブラシで塗布して短時間で簡単に染められる男性向け白髪用カラー剤もあるため、ぜひ白髪のお手入れで活用しましょう。

「白髪が気になる」と感じたタイミングで白髪染めを始めましょう!

ここまで、男性が白髪染めを始める年齢や適切なタイミングについて解説しました。一般的に多くの人に白髪が生え始めるのは35歳頃ですが、白髪が生える時期には個人差があります。ご自身が「白髪が気になる」と感じたタイミングで白髪染めを始めると良いでしょう。その際は、初めてでも使いやすい市販の白髪染め用品を活用するのがおすすめです。身近なお店で購入できる白髪用ヘアカラー剤でしっかりと染めて、きれいな色味を保ちましょう。

メンズビゲン

メンズビゲン 編集部

この監修者のHPはこちら

この記事を読んだ人におすすめの商品

6

メンズビゲン ワンプッシュ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

医薬部外品

白髪用

2

メンズビゲン カラーリンス+++

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

化粧品

白髪用

2

メンズビゲン グレーヘア

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

医薬部外品

白髪用

OFFICIAL SNS