白髪が生え始めるのは何歳から?白髪が気になり出したときにやること

白髪が気になり出したら、具体的にどんな対策に取り組めば良いのでしょうか。ここでは、白髪が生え始める年齢や、日常生活で取り組みたい対策についてお伝えします。

白髪は見た目の印象に影響を与えるため、白髪が目立ち始める年齢になったら、そろそろ白髪染めを検討しても良いかもしれません。特にビジネスシーンで清潔感のある黒髪色を目指すなら、白髪染め用品を使うのもおすすめです。白髪が気になり出したときは、ぜひお伝えする情報を参考にしてみてください。

白髪が目立ち始めるのは何歳から?

白髪が増えると見た目の印象も変わります。目立ってきた白髪が気になるなら、白髪染め用品を使って染めるのがおすすめです。多くの人は、何歳から白髪染めを始めるのでしょうか。初めに、男性・女性の白髪が目立ち始める年齢をご紹介します。

男性の白髪の平均年齢

男性の場合、白髪が目立ち始める平均年齢は35歳過ぎだとされています。一般的に、白髪は30代後半から増え始めることが多く、35~39歳になると白髪が生えている人の割合は7割近くにも達するようになります。目安として30代後半になったら、白髪染めを検討しても良いかもしれません。

男性は、年齢を重ねるにつれて薄毛や白髪など髪の悩みが多くなる傾向にあります。加齢にともない白髪が増えるのは、髪に色をつける「メラニン色素」を作る色素細胞の働きが衰えてくるためです。また、加齢による血行不良や新陳代謝の低下などの要因から、加齢性の脱毛症につながることも珍しくありません。年齢に応じた身だしなみのケアの一環として、ヘアスタイルに気を配ることも大切です。

特に、清潔感が重視されるビジネスシーンでは、白髪にも気を配って、印象アップを目指してはどうでしょうか?白髪のお手入れをせずに放置すると、人によっては「老けて見える」「疲れて見える」といったイメージを持つことがあります。ヘアスタイルは身だしなみの中でも重視されるポイントの一つです。白髪が目立ち始める30代後半を目安に、白髪のお手入れ習慣を検討してみてはどうでしょうか。

女性の白髪の平均年齢

男性の場合と同様に、女性も白髪が目立ち始める平均年齢は35歳過ぎです。30代後半になると、多くの方に白髪が見られるようになり、白髪染めをする女性が増えてきます。美容院で白髪染めをしたり、市販の白髪染め用品を活用したりする対処法によって、白髪のお手入れをする方も多くいます。

白髪が生え始めたときによくある疑問

白髪になりやすい人には、どんな特徴があるのでしょうか。また、白髪は元の髪色に戻るのでしょうか。白髪が生え始めたときに気になる疑問と、その回答をご紹介します。

白髪になりやすい人の特徴は?

白髪の主な要因として、加齢のほかに「生活習慣」や「ストレス」などが挙げられます。そのため、生活習慣が乱れている人や、ストレスを溜め込みやすい人は、白髪に注意が必要です。たとえば、偏った食生活で栄養素が不足していたり油分を摂りすぎていたりする場合は、頭皮の栄養状態や血流が悪化して白髪や薄毛につながると考えられます。また、睡眠不足によってさらにストレスが蓄積している方もいるでしょう。現代の生活でストレスを避けるのは難しいものの、自分なりにストレスを解消する方法を用意できないと、ストレスを溜め込みやすくなってしまいます。

白髪を黒髪に戻す白髪改善はできる?

白髪には、黒髪に戻る可能性がある白髪と、黒髪に戻らない白髪があります。そもそも黒髪を作るためには、髪に色をつける「メラニン色素」と、メラニン色素を作る「色素細胞」、色素細胞を作る「色素幹細胞」が必要です。この色素細胞や色素幹細胞が正常に働いていないために白髪になるケースでは、細胞の働きが戻ることで黒髪を作れるようになる可能性があります。その一方で、色素細胞や色素幹細胞がなくなってしまったために白髪になるケースでは、黒髪に戻ることはありません。黒髪に戻る可能性がある白髪は、細胞が再びメラニン色素を作れるようになれば、白髪を改善できると考えられています。

ただし、黒髪に戻る可能性がある白髪と戻らない白髪を見分ける方法はありません。白髪の状態は1本1本異なるため、黒髪に戻る可能性がある白髪がどれくらいあるのか、把握するのは難しいといえるでしょう。白髪の改善を目指しながらも、白髪染めによって身だしなみを整えることが選択肢の1つです。

白髪が気になり出したときの対策

白髪が気になり出したら、白髪染めをして身だしなみを整えるのに加えて、日常生活へ取り入れられる対策を始めてはいかがでしょうか。最後に、日々の生活習慣に取り入れたい白髪対策をご紹介します。

バランスの取れた食事をする

髪の毛を健康的な状態に保つには、黒髪を作る栄養素をバランス良く摂ることが大切です。髪に良い栄養素として、髪の元になる「タンパク質」や、メラニン色素を作るのに必要な「ミネラル」などが挙げられます。また、「亜鉛」には髪を作るのを助ける働きのほか、薄毛の原因となる5αリダクターゼを抑制する働きがあります。これらの栄養素をきちんと摂りながら、栄養バランスに偏りがないようにするのがポイントです。特定の食品だけを摂るのではなく、さまざまな食品から多くの栄養素を摂るよう意識しましょう。

適切な頭皮ケアを行う

頭皮の状態が悪いと白髪が生えるリスクが高まります。毎日のヘアケアでは、シャンプーで頭皮や髪についた汚れをしっかりと落として、健やかな状態に整えましょう。その際、シャンプーの洗い残しがあると頭皮が炎症を起こすおそれがあります。すすぎ残しを防ぐために、シャワーのお湯でしっかりと洗い流すことも意識してください。また、頭皮の血行不良は白髪だけでなく薄毛とも関係があるとされています。頭皮に必要な栄養素を届けるためには、血行を良くすることが重要です。白髪や薄毛の対策として、血行促進につながる頭皮マッサージを取り入れても良いでしょう。

ストレスを溜めない

ストレスは白髪に影響を与えると考えられています。強いストレスを受けて交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、色素細胞を作る「色素幹細胞」が減少して、メラニン色素が不足してしまうためです。日々の仕事でストレスを溜め込みがちな方は、自分なりにストレスを解消する方法を作りましょう。そのためには、仕事のほかに趣味などの楽しみを持ったり、心を落ち着けてリラックスする習慣を取り入れたりするのが効果的です。また、ウォーキング・ジョギング・サイクリングなどのリズム運動で適度に体を動かして、気分転換をしても良いでしょう。

目安として30代後半には白髪染めや対策を始めましょう!

ここまで、男性が白髪対策を始める年齢や、日常生活に取り入れたい白髪対策についてお伝えしました。一般的に白髪が目立ち始める平均年齢は35歳過ぎだとされています。白髪が気になり出したら、市販の白髪染め用品を使ったカラーリングで髪色をカバーしましょう。また、生活習慣を見直して食生活の偏りやストレスなどの状況を改善することも、髪を健やかに保つ上で重要です。目安として30代後半には、ご紹介した白髪染めや日常生活での対策を始めましょう。

メンズビゲン

メンズビゲン 編集部

この監修者のHPはこちら

この記事を読んだ人におすすめの商品

6

メンズビゲン ワンプッシュ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

医薬部外品

白髪用

2

メンズビゲン カラーリンス+++

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

化粧品

白髪用

2

メンズビゲン グレーヘア

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

医薬部外品

白髪用

OFFICIAL SNS

メンズ ビゲンの商品は、
こちらのECサイトでご購入いただけます。