男性のための白髪染めガイド│種類や選び方のポイント

この記事では、ご自宅で白髪染めをしたい男性へ向けて、白髪染めの基礎知識からきれいに染めるポイントまで解説します。

白髪染めには、自分で染める方法と美容院で染める方法があります。美容院や床屋で白髪染めをすると、プロに依頼できるため安心です。その一方で、自分で白髪染めをする場合は、市販のメンズ用ヘアカラー剤を使って、費用を抑えながら手軽に白髪ケアができます。また、再び白髪が気になり始めたタイミングで、すぐに染め直しのお手入れができる点でも便利です。

市販の白髪染め(白髪用ヘアカラー)は、白髪をしっかりと染められるタイプから、自然なグレーで白髪隠しができるタイプまでお好みでお選びいただけます。白髪のお悩みには、市販のメンズ用ヘアカラー剤を使った対処法もぜひお試しください。

男性は白髪を染めたほうが良い?

「そもそも男性は白髪を染めるべき?」と迷っている方もいるはず。まずは、白髪を染めると見た目にどんな影響があるのかを確認してみましょう。

白髪は染めることで、見た目の印象を変える事ができます。その理由は、黒髪は若々しくはつらつとしたイメージにつながるためです。黒色に染めるだけでなく、お好みの髪色を選んでイメージチェンジすることもできます。

髪色はヘアスタイルのなかでも相手に与える印象を大きく左右しやすい部分です。白髪は人によって老けた印象を持たれることもあります。特に、仕事では第一印象が重要になる場面も。健康的な髪色は、ビジネスシーンで若々しい印象を作りたいときにも適しています。

男性向けの白髪染めの種類と選び方

ご自宅で手軽に使える男性向けの白髪染めには、以下の選択肢があります。理想の仕上がりイメージから、ぜひご自身に合う種類の白髪染めアイテムを見つけてみましょう。

全体的に気になる白髪をムラなく均一に染めるなら白髪用ヘアカラー

白髪染め(白髪用ヘアカラー)は、毛髪の内部に色素を入れて染めるタイプのアイテムです。クリームタイプや泡タイプなどの種類があるだけではなく、色持ちが良く、カラーバリエーションが豊富です。美容院で頻繁に染め直しをするのが面倒な人におすすめできます。ただし、毛髪や地肌にダメージを与える点に注意が必要です。

6

簡単ワンプッシュで清潔感のある髪色へ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

※ライトブラウンは放置時間15分

メンズビゲン ワンプッシュ

医薬部外品

白髪用

パサつきや傷みなどが気になるならヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、毛髪の表面をコーティングして染めるタイプのアイテムです。髪の毛へのダメージが少なく、ツヤが出やすいというメリットがあります。白髪だけでなく、パサつきや傷みなどダメージが気になる状態の方におすすめします。ただし、ヘアマニキュアは白髪染め(白髪用ヘアカラー)と比べると髪色が長持ちしにくく、肌や頭皮についてしまうと色がなかなか落ちないのが難点です。毎日のシャンプーで色落ちしやすいことも押さえておきましょう。

手軽に白髪のお手入れをするなら白髪用カラーシャンプー・カラーリンス

シャンプーやリンスにカラー剤成分が入ったタイプのアイテムです。お風呂場のヘアケアで徐々に白髪を染めながら髪色をキープするため、髪や頭皮へのダメージが少なく、トリートメント効果でキューティクルを保護できます。使用回数を重ねるごとに色が染まる仕組みなので、急な印象の変化が気になる方でも安心です。ただし、即効性はないためスピーディに染めたいときには適していません。

3

仕事前にさくっと白髪染め

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

メンズビゲン カラーリンス

化粧品

白髪用

一時的に白髪を隠すならヘアスプレー・ヘアマスカラ

白髪が気になる部分を一時的に着色してカバーするタイプのアイテムです。髪に吹きかけて使うスプレータイプや、色を塗るマスカラタイプなどの種類があります。サッと白髪をカバーでき、お風呂で普通に洗髪するだけで洗い流せる手軽さが特徴です。全体染めではなく地毛の一部分のみを、外出時など気になるタイミングでカバーしたいときに向いています。

男性が白髪を染めるときのポイント

男性の白髪染めをおしゃれに仕上げるために押さえておきたいポイントをお伝えします。白髪を効果的にカバーして、自分の雰囲気に合ったナチュラルなヘアスタイルを作りましょう。

黒髪以外の髪色も検討する

白髪染めには、ブラック系だけでなくグレー系・アッシュ系・ブラウン系の髪色の選択肢もあります。グレー系は黒髪と白髪を馴染ませやすく、白髪ぼかしによって自然な印象に仕上がりやすいためぜひお試しください。

染毛前にアレルギーのパッチテストを行う

ヘアカラー剤で白髪染めをする際は、パッケージや付属の取扱説明書に記載された方法で必ずパ ッチテストを行いましょう。主に「永久染毛剤」や「酸化染毛剤」と呼ばれるカラー剤に含まれるジアミンという成分で、アレルギー症状が生じる場合があります。パッチテストを行うと、ヘアカラーによるアレルギーのリスクを事前にチェックすることが可能です。

染めたい部分や髪の量によってアイテムを使い分ける

白髪染めアイテムは、染めたい範囲や毛量などによって使い分けましょう。部分染めには、ブラシやコームを使ってワンタッチで染められるタイプのヘアカラー剤が便利です。全体染めには、色ムラなくまんべんなく染めやすい、クリームタイプや泡タイプのヘアカラー剤が適しています。

自分の髪質を知っておく

ヘアカラー剤による染まりやすさや色持ちの良さは、個人の髪質によって差が出る場合があります。ご自身の髪質に合った白髪染めのコツを取り入れると良いでしょう。たとえば、髪の毛が太くて硬めの方は、カラーリングの放置時間を通常よりも5~10分ほど長くすると染まりやすくなります。その反対に、髪の毛が細くて柔らかい方は、通常よりも5分ほど放置時間を短くすることで、ダメージを抑えやすくなります。

男性向けの白髪染めに関するよくある質問

最後に、男性向けの白髪染めに関してよくある質問とその回答をご紹介します。白髪染めを始める前に、メンズヘアケアの気になる疑問を解消しておきましょう。

白髪染めの男性用と女性用の違いは?

白髪染めアイテムは男性用・女性用が市販されていますが、成分や使い方に大きな違いはありません。なかには男女兼用の商品も販売されています。ただし、男性向けの商品は、より短時間で染められるものや、無香料のものが多い傾向にあります。

男性は何歳から白髪染めをするべき?

白髪染めは、年齢を問わず白髪が気になり始めたタイミングでスタートすると良いでしょう。一般的に白髪は加齢にともない増えるとされますが、白髪が増える時期には個人差があります。ご自身が白髪ケアを意識するようになったら、白髪染めを始めてみてはいかがでしょうか。

男性の白髪染めの頻度は?

白髪染めをする頻度の目安は、2カ月に1回程度がおすすめです。ヘアカラー剤による白髪染めは、髪や頭皮にダメージを与えるため、負担を考慮してお手入れしましょう。また、生え際の白髪が気になり始めたらカラーリンスやヘアマスカラでカバーするといったように、複数のアイテムを併用する方法もあります。

男性向けの白髪染めで大人の魅力あふれるヘアスタイルに

ここまで、男性の白髪染めに関する基礎知識をお伝えしました。ホームケアで使える白髪染めのアイテムには、さまざまな種類があります。白髪が気になるときご自宅で手軽にヘアケアができるのが魅力です。理想の仕上がりや髪型に合わせて商品を使い分けましょう。白髪が気になり始めたら、ご紹介した商品をぜひチェックしてみてください。

メンズビゲン

メンズビゲン 編集部

この監修者のHPはこちら

この記事を読んだ人におすすめの商品

6

メンズビゲン ワンプッシュ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

医薬部外品

白髪用

2

メンズビゲン カラーリンス+++

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

化粧品

白髪用

2

メンズビゲン グレーヘア

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

医薬部外品

白髪用

OFFICIAL SNS

メンズ ビゲンの商品は、
こちらのECサイトでご購入いただけます。