メンズビゲン

メンズビゲンで、
あなたらしい白髪ケアを

メンズ ビゲンの商品は、
こちらのECサイトでご購入いただけます。

白髪の根元染めのコツは?おすすめの白髪染めのタイプ

染めた白髪が伸びて再び目立ち始めてきたら、根元染め(リタッチ)をして伸び始めた白髪部分をカバーしましょう。男性は短髪のヘアスタイルの方が多いため、根元の白髪が特に気になりやすいといえます。清潔感のある髪型を引き続きキープするためにも、市販の白髪染め用品を使って気になる根元の白髪を染め直しましょう。

この記事では、白髪の根元染めにおすすめのメンズ向け白髪用カラー剤のタイプや、きれいに根元染めをするコツを解説します。また、カラー剤以外に白髪を目立たなくする選択肢もご紹介するため、ぜひチェックしてみてください。

根元染めにおすすめの白髪染めのタイプは?

ご自宅で白髪の根元染めをしたいときに便利な、メンズ向けの白髪染め用品が市販されています。白髪染め用品には多くの種類があるため、目的に合った商品を選びましょう。初めに、根元染めにおすすめの白髪染めのタイプを解説します。

メンズ向けの白髪用ヘアカラー剤には、主に「クリームタイプ」「泡タイプ」などの種類があります。いずれの白髪用ヘアカラー剤も、染毛と脱色を同時に行うことによって髪の内部までしっかりと染まるのが特徴です。その一方で、それぞれのタイプでテクスチャーに違いがあるので、薬剤を塗布する際の使い勝手が異なります。根元染めをするなら、この中でもクリームタイプのヘアカラー剤を選ぶと良いでしょう。

クリームタイプのヘアカラー剤は液だれしにくいので、生え際を部分的に染めるときに薬剤を塗りやすいのがメリットです。白髪染めが初めての方なら、クリームタイプの中でもワンプッシュボトルを採用した商品をおすすめします。ボトルにあるブッシュレバーを押すだけ で白髪染めに必要な2種類の薬剤が出てくるので、混ぜる手間を省けます。薬剤を使う分だけ取り出して、サッと塗るだけで白髪を染められるのが魅力です。

クリームタイプのカラー剤には残った薬剤を取り置きできる商品が多くあります。根元染めのように少量のみ使うケースでは、残った薬剤を次回も使えるのでコスパが良く経済的です。また、メンズ向けのヘアカラー剤には短い放置時間でしっかりと染まる商品もあり、忙しくて美容院へ行く時間がない方でも気軽に白髪染めができるというメリットもあります。

なお、泡タイプのヘアカラー剤は、よく伸びて色ムラなくきれいに仕上げやすいので、白髪の全体染めに適しているのが特徴です。クリームタイプと比べると薬剤を伸ばしやすい反面で液だれしやすいという違いがあります。白髪染め用品の選び方に迷ったときは、目的に合う種類のカラー剤を探してみましょう。

6

簡単ワンプッシュで清潔感のある髪色へ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

※ライトブラウンは放置時間15分

メンズビゲン ワンプッシュ

医薬部外品

白髪用

自宅で白髪を上手に根元染めするコツ

ご自宅で白髪の根元染めを行う際は、以下のコツを押さえて染めることできれいな仕上がりが期待できます。白髪をしっかりとカバーするために、ぜひお伝えするコツを参考にしてみてください。

ブラシとコームを使い分ける

白髪用ヘアカラー剤を髪に塗布するときは、道具を使うときれいに染めやすくなります。その際、全体的に薬剤を塗るなら「ブラシ(=複数列の歯が並んでいる道具)」、生え際やもみあげへ部分的に塗るなら「コーム(=歯が一列に並んでいる道具)」を使うと便利です。広範囲を一度に塗れるブラシを使えば、効率的に根元染めができます。一方で、細かい部分の塗り残しを防ぎたいなら、コームを使うと良いでしょう。

なお、市販のメンズ向け白髪染め用品には、ブラシやコームなどが付属していることがあります。短髪のヘアスタイルに薬剤を塗布しやすい形状に設計されているため、ぜひ活用しましょう。

白髪が目立つところから塗る

白髪用ヘアカラー剤は、黒髪用ヘアカラー剤とは使い方に違いがあります。白髪用の場合、初めに白髪が特に気になる部分から塗布するのがポイントです。これにより、気になる白髪部分がしっかりと染まり、きれいな仕上がりが期待できます。白髪用ヘアカラー剤は、黒髪用よりも染毛効果が高くなるよう配合されています。そのため、しっかりと染めたい部分から先に塗るように意識しましょう。

黒髪用ヘアカラー剤の使用方法では、上記でお伝えした白髪用とは薬剤を塗布する順番が異なる場合があります。これまでに黒髪用ヘアカラー剤を使ったことがある方は、ヘアカラー剤の仕組みの違いを押さえて、塗布する順番を間違えないように注意しておきましょう。

男性向けおすすめの白髪染め方法

白髪用ヘアカラー剤で白髪を染める以外にも、白髪を目立たなくして清潔感のあるヘアスタイルに整える方法があります。自然な印象のヘアスタイルに仕上げたいときは、以下の方法も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。最後に、ヘアカラー以外で男性におすすめの白髪染め方法をご紹介します。

カラーリンスで徐々に白髪を目立たなくする

カラーリンス(カラートリートメント)とは、髪表面を染めるタイプの白髪染め用品です。白髪染め(白髪用ヘアカラー)とは異なり、髪表面に色をプラスする仕組みとなっています。髪へのダメージが少なく、自然な色合いとツヤをプラスできるのがメリットです。カラーリンスの使い方は簡単で、通常のリンスと同様に毎日のヘアケアで使うだけで白髪をカバーできます。色持ちは約1~2週間と長くはないものの 、定期的に使い続けることで徐々に髪の表面が染まり、気になる白髪が目立たない仕上がりが期待できます。白髪染め(白髪用ヘアカラー)で染めるのに抵抗がある方や、まずは手軽な方法から試してみたい方におすすめです。

3

仕事前にさくっと白髪染め

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

メンズビゲン カラーリンス

化粧品

白髪用

グレーヘアにする

グレーヘアとは、白髪をあえて黒髪に染めず、 白髪を活かした自然なヘアスタイルです。近年は、ダンディな雰囲気に仕上がることからグレーヘアを選択する男性が少しずつ増えて、白髪を活かした髪型の魅力が注目されています。グレーヘアは、年齢相応のナチュラルなヘアスタイルが好みの方や、白髪を染めていることを周囲に気づかれたくない方などに向いています。白髪を黒髪に染める以外に、グレーヘアを目指す選択肢もあることを押さえておきましょう。

ただし、グレーヘアで清潔感のあるヘアスタイルに仕上げるには、白髪をきれいに見せるためのお手入れが欠かせません。市販の白髪染め用品の中には、白髪をグレーの色味に染めるカラー剤のほか、染料でグレーに着色するカラーリンスなどのバリエーションがあります。こうしたアイテムを活用して、白髪と黒髪のコントラストをぼかしたり、全体の色合いを整えたりすることが大切です。理想的なグレーヘアのイメージに近づくために、グレーヘア用の白髪染め用品を活用しましょう。

2

清潔感ある自然な髪色へ

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

メンズビゲン グレーヘア

医薬部外品

白髪用

市販の白髪染め用品を活用して白髪の根元染めをしましょう!

ここまで、男性向けに白髪の根元染めについて解説しました。白髪の根元が気になるときは、部分染めに適したクリームタイプの白髪用ヘアカラー剤を使うのがおすすめです。液だれしにくいテクスチャーで、狙った通りに根元の白髪を染められます。その際は、染めたい部分に合わせて白髪染め用品に付属するブラシやコームを活用しましょう。また、市販の白髪染め用品の中には、白髪染め(白髪用ヘアカラー)のほかにもカラーリンスやグレーヘア向けのラインナップが用意されています。理想のヘアスタイルや現在にお悩みに合わせて商品をお選びください。

メンズビゲン

メンズビゲン 編集部

この監修者のHPはこちら

この記事を読んだ人におすすめの商品

6

メンズビゲン ワンプッシュ

ワンプッシュで髪色あなたらしく
放置時間5分の早染めクリームタイプ

医薬部外品

白髪用

2

メンズビゲン カラーリンス+++

シャンプーついでにリンスで染める!
放置時間はわずか3分

化粧品

白髪用

2

メンズビゲン グレーヘア

ワンプッシュで簡単
白髪をグレーに染める

医薬部外品

白髪用

OFFICIAL SNS